「闇 を 光 に」   ヨハネ9:13~25

 

 私たちは因果論的発想からなかなか逃れることが出来ません。弟子たちも、生まれつき目が不自由な人を本人の罪故か、両親の罪故かと主に尋ねました。しかし主は、神の業がこの人に現れる為だと仰いました。そして地面に唾をして土をこねて目に塗り、シロアムの池に行って洗うよう仰いました。自分から願い出たことではないのに、その人は素直に従い、目が見えないまま長い道程を行きました。そうして癒されたのです。こんな素晴らしい御業を見ても、周りの人は信じません。神さまを讃えず、その人と共に喜ばず、ファリサイ派のところへ連行したのです。ファリサイ派の人たちも信じません。むしろ責め立て、両親まで呼び出し、神さまの御業やイエスさまを否定する証言を引き出そうとしました。安息日が言い分ですが、実は彼らの関心は神さまに栄光を帰すことなく、自らの権威、沽券に関わる事にしかなかったのです。両親ですら実の息子が癒されたことを素直に喜びません。保身の為、イエスさまがキリストであるという証言に繋がらないよう、知らぬ存ぜぬで済ませます。そんな彼らこそ、目の見えない闇を行く者なのです。私たちもかつてはそうでした。災い、病気、障害に苦しむ人を因果応報だと蔑み差別し、自分の欲や誉ばかりを追い求め、保身の為に主イエスを証ししないのであれば、今なお、私たちは闇の中にいます。そんな闇の業は明るみに出し、主に照らしていただきましょう。それが悔い改めです。主は私たちの全ての罪を贖って下さったのです。恐れることはありません。目の見えない私たちを導き、行く手の闇を光に変え、曲がった道をまっすぐにして下さいます。今週も主を仰ぎ、光の子として歩みましょう。

                                  北山琢伝道実習生

「イエスこそ、我らが命」 ヨハネ11:17~53  

 

 今日の御言葉には、イエス様が愛されたラザロの死が載っています。愛する者の死は、私たちに大きな悲しみをもたらします。『マルタはイエスに言った。「主よ、もしここにいてくださいましたら、わたしの兄弟は死ななかったでしょうに。』(ヨハネ11:21)。これはマルタの悲しみ、またイエスに対する抗議とも受け取れます。イエスはぐずぐずしている、神はいざと言う時に働いて下さらない。つまり、「どうして神は」と言う問いなのです。このような問いが私たちの内にもないでしょうか。「神は、どうしてこの私の悩みのところに来て、助けて下さらないのでしょうか」、「どうして私の病気は治らないのでしょうか」等々。けれども、マルタの信仰はそこにとどまるものではありませんでした。彼女の言葉には、その後があります。「しかし、あなたが神にお願いになることは何でも神はかなえてくださると、わたしは今でも承知しています。」(11:22)。これをもって見ると、イエスが兄弟ラザロの命を保つことをなさなかったとしても、マルタはイエスを心からなる信頼をもって仰ぎ、イエスから離れることはありませんでした。つまりそれは、マルタの希望と慰めは、イエスに繋がっていたということです。彼女はイエスを仰ぎ見、イエスが神の豊かさの中から、その自由な祈り願いによって、豊かに受け取ることが出来ることを知っていたと言えるでしょう。さてここで大切な言葉として、マルタの言った「今でも」と言う一言です。どんな状況でも、私たちが「ただ今でも信じています」と言える時、私たちは信仰の勝利の道を走っていると言えるでしょう。

                                牧師 三ヶ嶋 徹

「イエスこそ、我らが命」 ヨハネ11:17~53  

 

 今日の御言葉には、イエス様が愛されたラザロの死が載っています。愛する者の死は、私たちに大きな悲しみをもたらします。『マルタはイエスに言った。「主よ、もしここにいてくださいましたら、わたしの兄弟は死ななかったでしょうに。』(ヨハネ11:21)。これはマルタの悲しみ、またイエスに対する抗議とも受け取れます。イエスはぐずぐずしている、神はいざと言う時に働いて下さらない。つまり、「どうして神は」と言う問いなのです。このような問いが私たちの内にもないでしょうか。「神は、どうしてこの私の悩みのところに来て、助けて下さらないのでしょうか」、「どうして私の病気は治らないのでしょうか」等々。けれども、マルタの信仰はそこにとどまるものではありませんでした。彼女の言葉には、その後があります。「しかし、あなたが神にお願いになることは何でも神はかなえてくださると、わたしは今でも承知しています。」(11:22)。これをもって見ると、イエスが兄弟ラザロの命を保つことをなさなかったとしても、マルタはイエスを心からなる信頼をもって仰ぎ、イエスから離れることはありませんでした。つまりそれは、マルタの希望と慰めは、イエスに繋がっていたということです。彼女はイエスを仰ぎ見、イエスが神の豊かさの中から、その自由な祈り願いによって、豊かに受け取ることが出来ることを知っていたと言えるでしょう。さてここで大切な言葉として、マルタの言った「今でも」と言う一言です。どんな状況でも、私たちが「ただ今でも信じています」と言える時、私たちは信仰の勝利の道を走っていると言えるでしょう。

                                牧師 三ヶ嶋 徹

「真実の平和の王の到来」 マタイ21:1~11  

 

 エルサレムへのイエス様の入場は、すでに前から主ご自身が用意されたことで、弟子達はまるで子供のお使いにように、命じられた通りをすれば良かったのです。「主の山に備えあり」(創世記22:14)を体験するのです。私たちの全生涯は、どんなにあれこれと心配しても、後で考えると不思議に主の道が備えられていたことを知ることが多いのです。次に本当に驚くべき事は、「主がお入り用なのです」と言うと、黙って子ろばを差し出す隠れた信徒がいたと言うことです。ただ主が用意すると言うだけではなく、主のご用に答える信徒がいなくてはなりません。この信徒は、主がお入り用です、というと、何も言わずに自分の持ち物を差し出すのです。主の山に備えがあるからと言って、何もしないのでは始まりません。私たちは「主がお入り用なのです」と言われる時、それに備える用意があるでしょうか。

 見よ、あなたの王が来る。彼は神に従い、勝利を与えられた者、高ぶることなく、ろばに乗って来る、雌ろばの子であるろばに乗って。わたしはエフライムから戦車をエルサレムから軍馬を絶つ。子ろばは平和を表します。それこそ主がお生まれになったとき、天の御使いが「地には平和」と歌ったのにふさわしい乗り物ではないでしょうか。しかもそれは、「まだ誰も乗ったことのない」、未経験な子ろばなのです。神のご用をする者は、いつも使い古しであってはなりません。未経験と言うことは、主のご用に立つのにふさわしくないどころか、それこそ、最もふさわしい者でさえあるといえるでしょう。

                                 牧師 三ヶ嶋 徹

「真実の平和の王の到来」 マタイ21:1~11  

 

 エルサレムへのイエス様の入場は、すでに前から主ご自身が用意されたことで、弟子達はまるで子供のお使いにように、命じられた通りをすれば良かったのです。「主の山に備えあり」(創世記22:14)を体験するのです。私たちの全生涯は、どんなにあれこれと心配しても、後で考えると不思議に主の道が備えられていたことを知ることが多いのです。次に本当に驚くべき事は、「主がお入り用なのです」と言うと、黙って子ろばを差し出す隠れた信徒がいたと言うことです。ただ主が用意すると言うだけではなく、主のご用に答える信徒がいなくてはなりません。この信徒は、主がお入り用です、というと、何も言わずに自分の持ち物を差し出すのです。主の山に備えがあるからと言って、何もしないのでは始まりません。私たちは「主がお入り用なのです」と言われる時、それに備える用意があるでしょうか。

 見よ、あなたの王が来る。彼は神に従い、勝利を与えられた者、高ぶることなく、ろばに乗って来る、雌ろばの子であるろばに乗って。わたしはエフライムから戦車をエルサレムから軍馬を絶つ。子ろばは平和を表します。それこそ主がお生まれになったとき、天の御使いが「地には平和」と歌ったのにふさわしい乗り物ではないでしょうか。しかもそれは、「まだ誰も乗ったことのない」、未経験な子ろばなのです。神のご用をする者は、いつも使い古しであってはなりません。未経験と言うことは、主のご用に立つのにふさわしくないどころか、それこそ、最もふさわしい者でさえあるといえるでしょう。

                                 牧師 三ヶ嶋 徹

「イエス、復活する」 ヨハネ20:1~18 

 

 死が死で終わらず、死は眠りにすぎないと言われたお方が十字架上で死んだ。ラザロを死からよみがえらせることのできたお方が死んだのです。恐れと失望の中で弟子たちはおじ惑い、イエス様を捕縛した手が今度は自分たちに向けられるのではないか、と息を殺していたのです。しかし、十字架上で「成し遂げられた」と宣言されたイエス様は、三日目に死人の中から復活し、弟子たちにご自分を現されます。そして人類最大の敵である罪と死に対して勝利の宣言をされます。復活の主に出会い、ようやくこの出来事の全てを悟った弟子たちは、新しい喜びに満たされ、この福音の証人として立ち上がっていくのです。

 さて、安息日は土曜日の日没で終わっていますが、その夜は誰も墓には行っていません。みな夜明けを待っていました。そして次の日の朝、婦人たちは墓に出かけました。弟子たちが一人も行かないうちになのです。静かで目立ちませんが、しかし力強い婦人たちの姿がここにあります。イエス様の宣教の頂点で言える十字架と復活の生きた証言者として彼女たちは立っています。見事としか言いようがありません。彼女たちの忍耐強くひたむきな信仰の姿勢に私たちも見習う点があるといえます。マグダラのマリヤが墓に来ると、墓石はすでに取り除かれていました。誰かが主の遺体を奪っていったと思ったマリヤはペトロと主の愛弟子のもとに走り、事の次第を告げたのです。知らせを聞いたペトロと愛弟子は墓に走って行き、先に付いた愛弟子は墓がからであることを確認した。中にこそ入らなかったが、入り口からのぞき込んで亜麻布のあることを確かめました。愛弟子もこれを見て主の復活を信じたのです。彼はからの墓を見て、神の力によってイエス様の復活を信じたのです。ここに見ないで信じる信仰が証しされています。

                                                  牧師 三ヶ嶋 徹

「イエス、復活する」 ヨハネ20:1~18 

 

 死が死で終わらず、死は眠りにすぎないと言われたお方が十字架上で死んだ。ラザロを死からよみがえらせることのできたお方が死んだのです。恐れと失望の中で弟子たちはおじ惑い、イエス様を捕縛した手が今度は自分たちに向けられるのではないか、と息を殺していたのです。しかし、十字架上で「成し遂げられた」と宣言されたイエス様は、三日目に死人の中から復活し、弟子たちにご自分を現されます。そして人類最大の敵である罪と死に対して勝利の宣言をされます。復活の主に出会い、ようやくこの出来事の全てを悟った弟子たちは、新しい喜びに満たされ、この福音の証人として立ち上がっていくのです。

 さて、安息日は土曜日の日没で終わっていますが、その夜は誰も墓には行っていません。みな夜明けを待っていました。そして次の日の朝、婦人たちは墓に出かけました。弟子たちが一人も行かないうちになのです。静かで目立ちませんが、しかし力強い婦人たちの姿がここにあります。イエス様の宣教の頂点で言える十字架と復活の生きた証言者として彼女たちは立っています。見事としか言いようがありません。彼女たちの忍耐強くひたむきな信仰の姿勢に私たちも見習う点があるといえます。マグダラのマリヤが墓に来ると、墓石はすでに取り除かれていました。誰かが主の遺体を奪っていったと思ったマリヤはペトロと主の愛弟子のもとに走り、事の次第を告げたのです。知らせを聞いたペトロと愛弟子は墓に走って行き、先に付いた愛弟子は墓がからであることを確認した。中にこそ入らなかったが、入り口からのぞき込んで亜麻布のあることを確かめました。愛弟子もこれを見て主の復活を信じたのです。彼はからの墓を見て、神の力によってイエス様の復活を信じたのです。ここに見ないで信じる信仰が証しされています。

                                                  牧師 三ヶ嶋 徹

「イエスは復活された」ヨハネ20:19~ 23

 

 「その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。」主の次は自分たちが捕らえられて殺されると思っていたのでしょう。イエス様が復活されたという知らせを聞いても、彼らの心の不安と恐れは取り除かれなかったのです。墓が空であっても、彼らには何の力にもならなかった。『そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。』このイエス様の言葉は、ユダヤ人が日常の挨拶に用いた言葉です。「そう言って、手とわき腹とをお見せになった。弟子たちは、主を見て喜んだ。」弟子たちの不安は、復活の主に会うことによって平安と変えられました。復活されたイエス様のからだは手とわき腹に十字架の傷跡のあるからだでしたが、閉じられた部屋に自由に出入りの出来るからだでもありました。それは人間には栄光のからだとしか表現できないからだです。今、イエス様が弟子たちのもとに来られたのは、復活の信仰の確信を与えるためだけでなく、イエス様の宣教を継続する者として弟子たちを派遣するためでもありました。また、イエス様はその命令を遂行する力を与えて下さいました。命令と遂行する力は、イエス様において常に一つのものとして与えられるのです。『彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る。」』イエス様は弟子たちに息を吹きかけて、「聖霊を受けなさい」と言われました。弟子たちは復活の主イエス・キリストによって、いのちの御霊が吹き込まれ、新しく造られた者となったのです。さらに、弟子たちが宣教するにあたって一つの権能が与えられました。罪を赦すこと、それは神にのみ出来ることであって、私たち罪人である人間には出来ないことです。しかし、神が罪を赦されたことを、宣言することは私たちキリスト者に委ねられた特権ではないでしょうか。

                                   牧師 三ヶ嶋 徹

近畿福音ルーテル津教会
​ 牧師:三ヶ嶋 徹

​Copyright (C)2017 Tsu Luthern Church,

                                         All Rights Reserved.

​〒514−0822           

三重県津市南ヶ丘1−17−5

  Tel059-228-2814(fax059-228-9288)

 Email : tsu-lutheran@oboe.ocn.ne.jp