7/2「み言葉による礎」マタイ 7:15~29

 

 マタイ7章13節には「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこからはいる者が多い。」とあります。今日この色々な教えが氾濫している日本で真実にキリストに従って生きることは、何と難しく、狭い道でしょう。普通私たちは、「多い」とか「広い」、「大きい」というものが、価値基準になったりしやすいものです。また、みんなが行くから、私も行く、かつて「みんなで渡れば怖くない」と言う言葉も流行りましたが。民主主義は多数決ではないのです。しかし、神は少数であっても正しい方を選んで下さいます。人の数が偶像になってはならないのです。もし、周りを見て、大勢だからやるというなら、そこには人間だけで、神はおられません。たとえ偏屈だと言われても、考え方が古いと言われても、問題はそれが神の国に導く道であるかどうかなのです。

 更に、ここでもう一つのたとえ話を主は語れます。「そこで、わたしのこれらの言葉を聞いて行う者は皆、岩の上に自分の家を建てた賢い人に似ている。雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家を襲っても、倒れなかった。岩を土台としていたからである。」、「聞いて行う」者と、「聞いても行わない」者との、違いがはっきりと語られています。ここでは、聞くことと行うことが一つとなっています。私たち、良い説教や証しを聞いて満足してしまっていないでしょうか。私たちは観客席に座ってお芝居を観ているのではないのです。私たちは、一緒に舞台に上がって演技をしないといけないのです。また、グランドに出て、主と共にプレーをしないといけないのです。それが、キリスト者の生き方ではないでしょうか。 

                                牧師 三ヶ嶋徹

7/9「キリストの招きに応えて」マタイ 9:9~13

 

 イエスはそこをたち、通りがかりに、マタイという人が収税所に座っているのを見かけて、「わたしに従いなさい」と言われた。彼は立ち上がってイエスに従った。イエス様は何故にここで徴税人マタイを召されたのでしょうか。またどう言う理由で、マタイはそれにすぐ応じたのでしょう。それらについてここは何一つ記されていません。しかし、召命は、全て突然奇異な形で起こると言えないでしょうか。ここにはマタイが、イエスの説教に感銘を受けたとか、イエスと交わりがあったとか、いっさい記されていません。今、福音書がここで起こっていることの核心として述べていることと、それは全く違うのです。神様が事を行われるとき、いつも私たちの側には何もないような仕方で行われるのです。ここでマタイは主導権をとっていません。またマタイの模範的な服従が、高く評価されているわけでもありません。イエス・キリストが主導権を取って、他の人々の評価・判断・批難をいっさい顧慮せず、あらゆる人からさげすまれ、人間のくずのように見られていた者を、神様の恵みのゆえに、その生きた交わりに入れて下さったことこそ、この召命という出来事の核心です。「神は知恵ある者に恥をかかせるため、世の無学な者を選び、力ある者に恥をかかせるため、世の無力な者を選ばれました。また、神は地位のある者を無力な者とするため、世の無に等しい者、身分の卑しい者や見下げられている者を選ばれたのです。それは、だれ一人、神の前で誇ることがないようにするためです」(Ⅰコリント1:26~30抜粋)

                                牧師 三ヶ嶋徹

7/16「遣わす神」マタイ 9:35~10:15

 

 イエス様は飼い主のいない羊のように疲れ切って、倒れ込んでいる民衆の有様を御覧になりました。彼らの生活は、困窮していました。家族の病などによる苦しみや、物質的な欠乏、さらに主の民としての自尊心や生きるうえでの尊厳さえも失いつつある、そんな弱々しい彼らの姿をイエス様は目の当たりにしたのです。しかしながら、詩編23編には「主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない。主はわたしを青草の原に休ませ、憩いの水のほとりに伴い魂を生き返らせてくださる」とあります。主なる神は慈しみ深い御方です。御子イエス様は同じ御心で彼らを深く憐れみました。だからこそ、十二使徒が呼び起こされて、福音の訪れを伝えるべく、あちこちの地に派遣されていきました。彼らは主の使命と権能を帯びており、弱きを助け、病を癒し、悪の諸霊を追い出して歩き回りました。時代がいかに変わろうとも、イスラエルの家にはイエス様という自分たちの羊飼いがおられることを民衆は知ったのです。高齢化に少子化で働き手が少ない、といって嘆いている場面に私たちは度々、遭遇します。しかしながら、私たちには望みがあります。主が収穫は多いのだとおっしゃったのです。それに、神様はすべての信仰者を証し人として、主の御言葉を届ける者として召してくださいます。それを、全信徒祭司性と言います。使徒の働きに連なり、初代教会の奉仕と伝道の御業を受け継いでいる私たち教会は、皆、神の民であり、主御自身によって呼び出されています。「すべての民をわたしの弟子にしなさい」と、主はおっしゃいました。今日の私たちにもこの指示が与えられています。私たちは生きた石、聖なる祭司、選ばれた民です。主が私たちを遣わしてくださり、尊い働き人としてくださいます。ですから、大胆に大いなる収穫を祈り求めてまいりましょう。

                                 田村真副牧師

7/23「キリストに遣わされた者」マタイ10:16~10:33

 

 キリスト者はわずかで、周りが全て異教徒となれば、弟子たちは、悪に満ちた環境の中、無防備で出ていくようなものです。こうなると、私たちは、しばしば途方に暮れ、成す術もなく、ただ自分たちの弱さの故に行き詰まりを感じるのではないでしょうか。そこでは、数や力だけが、物を言うように思えてくるのです。しかしイエス様は言われました。「わたしはあなたがたを遣わす。」ここで、「わたし」に強調点があることを忘れてはなりません。それ故に、弟子たちの、私たちの派遣は、イエス様の派遣に基づいているということです。「蛇のように賢く、鳩のように素直に」、ここには主にある純真さと賢明さが求められています。主の派遣に基づくゆえに、そこには信仰からくる霊的賢明さが必要です。人間的外交手腕や知恵は、一時的には良さそうに見えても、遣わしてくださった主の勝利にはつながりません。わたしたちは、困難を覚える中にあっても、「わたしは遣わす」と言われた、その主イエス・キリストを仰ぎ見なければなりません。狼が荒れ狂う、激しい戦いの巷でこそ、人間の知恵や力ではなく、「わたしは遣わす」と言われた方にのみより頼まなくてはならないのです。明治初期に日本に再びキリスト教が入って来た時、クリスチャンたちは文字通り、石で打たれ、国賊と呼ばれ、家族からも反対され、勘当された人もいたと言われています。「わたしの名のために、あなたがたはすべての人に憎まれる。」が、事実となったのです。しかしそうであるからこそ、裁判で厳しい取り扱いを受ける時が、イエス様を救い主として告白する良い機会となったのだと言えるのではないでしょうか。私たちは、状況がもう少し良くなってからと考える者です。どんなに悪い時であっても、だから今年与えられた御言葉が光を放ってくるのです。「みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。」

                                三ヶ嶋徹牧師

7/30「主と歩む者の力」イザヤ41:8~13

 

 「わたしはあなたと共にいる」この言葉に信頼する時、私たちは大きな力を頂くことができます。

 主は、私たちを「あなたはわたしの僕(愛する者)」と呼び、「決して見捨てない」と宣言してくださいます。そして、「わたしはあなたと共にいる」「わたしの救いの右の手であなたを支える」と約束してくださいます。新改訳聖書では「あなたを支える」の箇所は「あなたを守る」となっています。つらいことの渦中にある時は、一人で苦しみ、一人で戦っているように感じてしまいます。しかし、そうではなく、共におられる主が、その右の手で守ってくださっているのです。私たちが抱えているあらゆる不都合は、共にいてくださる主の手の中で、宝物に変えられます。私たちの力とは、主の励ましを「恐れない原動力」として、頑張ることではありません。緊張しながら自らを奮い立たせて、この世の嵐の中を歩んでいくことではありません。頑張らなくて良いのです。失敗しても大丈夫なのです。嵐の湖で、強い風に気がついて、沈みかけたペトロをイエス様が捕まえてくださったように、主が助けてくださるからです。主が、恐れを解消してくださるから、私たちは安心し、リラックスできます。そして勇気がわいてくるのです。共にいてくださる主とつながることで与えられるリラックスの先に、歩んでいく勇気が与えられる。それが、私たちの力なのです。

                             瀬戸幸治伝道実習生

近畿福音ルーテル津教会
​ 牧師:三ヶ嶋 徹

​Copyright (C)2017 Tsu Luthern Church,

                                         All Rights Reserved.

​〒514−0822           

三重県津市南ヶ丘1−17−5

  Tel059-228-2814(fax059-228-9288)

 Email : tsu-lutheran@oboe.ocn.ne.jp