top of page

​2023年1月のメッセージ

2023.1.1「人の子は栄光に輝いて来られる」マタイ25章31~46節

 さて、「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。」ここでは最後の審判について語れました。小さな者に対する愛こそ、人を永遠の刑罰と永遠の命に分ける重大な事柄であると教えられました。使徒パウロは人が救われるのは「ただキリスト・イエスを信じる信仰による」(ガラテヤ2:16)と語りつつ、「尊いのは、愛によって働く信仰だけである」(ガラテヤ5:6)と、彼は教えています。ここの「愛によって働く信仰だけ」の「だけ」と言う言葉は、元々のギリシャ語訳聖書にはありませんが、ルターが訳した聖書を直訳すると「愛を通して活動している信仰」となっていて、真実の信仰は良い実を実らせ、愛をほとばしり出させると言うのです。

 そして更にパウロはまた、コリント信徒への手紙一13章13節でも「最も大いなるものは愛である」と語っています。また、愛がなければ山を移すほどの強い信仰も、殉教も無益であると語られています。今、イエスさまは十字架を前にして、最後に愛を教えられるのです。このキリストの例え話は、再臨までの時を、信仰による愛の実践に励んで過ごすようにという教えに置かれています。終わりの時のさばきの結果は、今の毎日の生活によって決まると言っても過言ではないでしょう。人の子であるイエスさまは、終わりの時に栄光を帯びて再臨し、全ての者をさばくために栄光の座に着かれます。全世界の民をさばかれるのです。主は、彼らのしたそれらの業は、「わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである」と言われます。私たちは直接イエスさまに対してなら、万難を排してでも奉仕するでしょう。たとえば、イエスさまが私たちの目の前に現れて、空腹なので、何か食べさせて欲しいと言われたら、自分の食べる物を減らしてでも差し上げるでしょう。しかし、小さく取るに足らない者や、価値の認められない者であったなら、頼まれたからと言って、果たしてそうするでしょうか。主は、この世の生活において、どんな小さな者や小さなことに対しても、イエスさまに対してするように成せと言われます。パウロは語っています。「何をするにも、人に対してではなく、主に対してするように、心から行いなさい。」(コロサイ3:23)。      ​    牧師 三ヶ嶋徹

2023.1.8「主に交われば」詩編1編

 「朱に交われば赤くなる」ということわざがあります。人は自分自身が気付いていなくても、他人の意見や主張に影響されやすく、環境や状況に染まりやすい、だから「良い友を選ぶことの大切さ」また「最適な環境に身を置くことの重要さ」を、このことわざは示しているのです。

 このことは、そのまま信仰生活にも当てはまるのではないでしょうか。パウロは「主と交われば、一つ霊となるのです。」(Ⅰコリ6:17、新改訳)と言っています。そして、詩編1編もまた、同じように言います。「主の教えを愛し、その教えを昼も夜も口ずさむ人」、このように主から影響を受け続けている人は、「流れのほとりに植えられた木」の様に「ときが巡り来れば実を結び、葉もしおれることがない」のです。 

 そして、この木は「植えられた木」と書かれていることから、誰かによって植えられ、世話をする存在がいることがわかります。ルカ13:6~9節には「実のならないいちじくの木」のたとえが記されています。ぶどう園の主人である父なる神が木を植え、園丁であるイエス・キリストが木の世話をするのです。つまり、主の教えを愛する者は、イエス・キリストからお世話を受け続ける者なのです。キリストの世話をいつも受けていて、キリストから栄養をもらっている木は、どのような実を結ぶでしょうか。それはやはりキリストのような実ではないでしょうか。今も私たちは、毎週の御言葉の説教を通してイエス様のお世話を受けています。キリストの体と血の聖餐を通して、キリストから栄養を頂いています。朱に交われば、結果として赤くなります。主イエス・キリストに交われば、必然的に良い実を結ぶのです。 ​ 補教師 瀬戸幸治

bottom of page