​2022年9月のメッセージ

2022.9.4「自分の十字架を背負って歩む者」ルカ14章25~33節

 「自分の十字架を背負ってついて来る者でなければ、だれであれ、わたしの弟子ではありえない」主は言われました。これまでにも語られて来たことですが、十字架は十二弟子に限らずだれであっても「自分を捨て、日々」負うものです。そして「同じように、自分の持ち物を一切捨てないならば、あなたがたのだれ一人としてわたしの弟子ではありえない。」何故に一切なのでしょうか。それは、主なるキリストが、神さまが私たちの全てだからです。私たちの家族が全てではないのです。仕事が全部ではないのです。自分の命さえ全てではないのです。私たちは愚かな金持ちの例えで学びました。彼は、全てにおいて自分の作物、自分の蔵、最後には自分の魂さえも自分でどうにか出来ると思っていたのです。しかしどうなのでしょうか。全ては神さまから与えられた物であって、何一つ自分の手で生み出した物は一つもないのです。一切は神からの賜物です。つまり、私たちに死が訪れる時、一切を明け渡さなくてはならないのです。私たちの人生において、大きな建物を建て上げるような時もあるでしょう。また、敵とも言える者たちと戦わなければならないこともあるでしょう。その時、しっかりと腰を捨て計算するのです。この世の財や富、地位が全てではないのです。軽率な行動や決断を慎み、思慮深くあることが肝要です。そして主のみ心を問いつつ、一歩また一歩進んで行くのです。 牧師 三ヶ嶋 徹

2022.9.11「神の喜び」ルカ15章1~15節

 みなさんは、道に迷うことはあるでしょうか。方向音痴の人は、「自分のいる位置を見失いがちな性質のある人」だそうです。性質は生まれ持ったものなので、自分の努力によって方向音痴そのものを治すことはできません。実は、私たちは、神様の御心を歩むことにおいて、方向音痴だと言えるのかもしれません。アダムが罪によって堕落してから、わたしたちはその性質を受け継ぎ、神様の御心から迷い出てしまうからです。

 今日の見失った羊と、無くした銀貨は、そのような私たちなのです。しかし、キリストはそのような私たちに「一人の罪人が悔い改めれば、神の天使たちの間に喜びがある(15節)」と言われます。「悔い改め」は、神に背を向けていた生き方を方向転換して神の意思に沿うように生きようとすることです。神は、罪の痛みを覚え、キリストのゆえに罪を赦されている信仰に立ち返る者を、喜んでくださるのです。キリストは、そのように悔い改める者を「見つけるまで捜す」と言われます(4節、8節)。  

 なぜ、キリストは悔い改める者をそこまで捜してくださるのでしょうか。それは、私たちが「主のもの」だからです。羊飼いが見失った羊を見つけるまで探すのは、その羊が羊飼いのものだからです。無くした銀貨を女性が見つけるまで探すのは、その銀貨が自分のものだからです。自分のものだから、なくしたくないのです。 

 同様に、悔い改める者を神様が必ず見つけてくださるのは、私が神様のものだからに他なりません。洗礼を受けた時に、私たちは主のものとなりました。洗礼は、一度きりですが過去の事ではありません。罪に苦しむ時、それでも洗礼を受けて罪を赦されていることに信頼を置き直しましょう。そのように、日毎に洗礼に生きていく者を、神様は喜び、何度でも迎え入れてくださいます。 

            補教師 瀬戸幸治